もうニートとは呼ばせない!

今からでも逆転できる!

高卒ニートの就職

高校を卒業した後、しばらくニート生活をしていたという場合は就職にはかなり不利になってしまうのが実情です。自立した生活を送るためには、やはり就職するのが一番でしょう。しかし、学歴の問題や職歴の問題も大きく関わってくるのが就活です。
高卒と一口に言っても、たとえば工業高校や商業高校などを卒業している場合と、普通科を卒業している場合とでは状況が変わってくることがあります。工業科や商業科というのは、卒業後にある程度就職をすることを想定したようなカリキュラムを受けたりしますが、普通科の場合は大学進学のためという趣が強いため、普通科の高卒というのは就職には不向きだと言えるかもしれません。大学に通っていないということで、知識や理解力も不十分だと思われがちなのです。もちろん、最終学歴が高校卒業や大学中退であっても、正社員になることが不可能というわけではありません。たとえば、スーパーやデパートの販売員の仕事や、工場の作業員などの肉体労働系の仕事、またはオフィスワークであっても中小企業の一般職など、探してみればけっこう見つかるものです。とはいえ高卒でさらにニートということになってしまうと、門戸はさらに狭まってしまうと考えた方が良いかもしれません。ニートであることが社会的にも大きなマイナス要因になるとともに、精神的にも自信を失ってしまうことにもつながるからです。なので、まずは就職のコンサルタントなどに相談してみるなどが必要になるでしょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2017年8月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近のコメント

    カテゴリー

    • カテゴリーなし